日本スマホ時代幕開け

日本におけるスマートフォン元年は2008年であると言われています。それはiPhoneが日本に初上陸したからです。元々スマートフォンはブラックベリーなどの機種が発売されていましたが、まだまだ普及しておらず、iPhoneの上陸も一部がジェットファンの間で熱狂的な支持を集めましたが、一般層への訴求力という意味ではまだまだ物足りないと言った印象を与えました。

何故スマートフォンの存在が日本ではそこまで受け入れられなかったのか。それに日本の独特な携帯市場が関係しています。スマートフォンの強みは携帯電話でありながらウェブブラウジングやEメール送受信といったパソコンと同じような機能を持っているという点です。しかし、日本のガラケーはそのような機能を元々搭載していたため、わざわざスマートフォンを持っているという人は変わっていると思われているというのが実情でした。

また、iPhoneが上陸した当初というのはアプリの動作が不明瞭であることが多く、特にブラウザに関してはまだまだ日本の環境に対応し切れていませんでした。そのため、携帯を販売していた企業もほかの製品と抱き合わせで販売するなどの苦しい方法を採らざるを得なく、一般ユーザーが離れてしまう一因になったと言われています。


◇お役立ちリンクのご紹介
現在では、Androidと大きく差を付けてiPhoneのシェア率が非常に高いです。その影響もあってかバッテリー交換などを行うiPhone修理店も多いので、その中でも即日修理が出来る修理店を一つ紹介します。万が一の際はぜひお役立てください ⇒ iPhone修理ならiCracked